2009年10月17日

知を得る。


ブログ読者様からお喜びの言葉を頂きました!!

「名前はNGでお願いします」と言われたので、
伏字にしときますが、

「ビリヤードBBC当ブログ普及委員会」の会長である、
O辻君(ギリ伏字ですよね?)が先日紹介した下記2冊の本を購入らしい。



<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)/林 成之

No.1理論 (知的生きかた文庫)/西田文郎



「勝負脳」の方は、基本的にはビリヤードに使える思考回路で、、
「NO1」の方は球とゆうよりも、生活全般に使えるものであると思う。



「勝負脳の鍛え方」のほうが評判は良いのであるが、
彼には「No.1理論」の方が断然よかった、とのこと。


「No.1理論」を読んだあとのO辻君は、
頭がポカポカして3日間寝れんかったらしい。


大丈夫かいな?クスリでもやってんの??


と思うことなかれ。



強力な「知」を得ると、人間とゆーのは脳内にドーパミン
か何かが発生して、心地よい興奮で寝れないこともあるのです。


(まぁ、彼の場合は、自分でおぼろげに考えていたことが
明文化されているのを見て、自分の知を確信したようなので、
「知を得た」とは言えないかもしれませんが)


ともかく、何らかのヒントになって喜んで頂けたよーで良かったです。

これからもヨロシク御願い致します♪
(BBCでの布教活動も同じくよろしく!)


最近はサッパリ「当たり本」「当たり映画」と出会いませんが、
今後も小説・実用書・ジャンルを問わずに、
読んで・観て70点以上のモノは ご紹介していきますので。



んじゃ、またね。





posted by TRCの高田純次 at 08:00| 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。