2011年01月07日

恐ろしいチカラ。



いつも書くよーに、習慣には恐ろしいチカラがある。




よく「平日は毎日ブログ書いて、大変ですね〜」とか言われるが、
これが、まったく、全然、ビタイチ、大変じゃない。



もぉ「平日の時間が空いたときに書く」ってのが習慣付けられてるから
何も思わずに(わずらわしさも無く)「ババッ!!」と書くことができる。


自分の中では歯磨きとかと同じレベルであって、
民が思う以上にストレス無しな作業、なんである。




その反面。



自分にとっては昨日のように6日ぶりに書くブログが大変な訳。間隔が空き過ぎて。




もー、 てんで書く気にならない。



結局「新年のご挨拶もせねば・・・エイヤー!!」って勢いづけて書いたんだけど、
裸ネタじゃなければ2011年の初ブログはもっともっと遅れていたと思う。




だから、不定期更新でやるブログのほーがよっぽと、根気がいるんじゃないかな。


少なくとも、自分が不定期更新ブログなら1年も続かないことは断言できる。



逆説的だが「毎日のよーに書くから、ブログが続く」のである。

まぁ、球やダーツも同じようなもんでありましょう。




そこから派生して。


球でもルーティン練習を取り入れることは、
長い目でみると相当な差となって現れてくると思うので、ぜひ取り入れられたし!!


頑張ってね〜♪




そして今日は久々に本のご紹介。
(2010年はほとんど封印していたけど、2011年は本紹介解禁)


■今日のおススメ本■
「集中ゾーン」スイッチの入れ方 潜在能力が120%発揮される「極限の境地」/岡本 正善

題名からすると「読むだけでゾーンへの入り方がわかる」
ような気がするかもしれないが、そんなことはビタイチ無い。

かなり平易な文章で書かれているため「へぇ〜」つって、
わかった気になりやすい本なんだがこーゆー本こそ何度も読んで咀嚼して、
自分の血肉としていくべきでありましょう。

※同じ著者で同じようなことをもっと難しく書いてる本もあるようです。参考までに


ゾーンのメカニズム、呼吸法やネガティブパワーの使い方、ルーティンの効用などが書いてある。


自分が突く前にいつもやる「チョーク塗った後の先角ぬぐい」も
スイッチのひとつなんだとわかった。なるほど。なるほど。




■今日のおススメ本■

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)/岡本浩一

何度か紹介したけど、これはマストバイ。
「上達」とゆーものをロジカルに捉えることができる。

何も言わずに黙って買って、10回読むべし!!読むべし!!読むべし!!



んじゃ、また!!

押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」


posted by TRCの高田純次 at 15:44| 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。