2015年06月05日

どう負けるか。



久々にアマゾンでマイヒット商品が出ました。



はい、ドン!!



内堀醸造 フルーツビネガー純りんご酢 1L



敬愛する発酵学の権威・小泉武夫先生の講演を聞きに白山まで行くくらいの自分ですから、酢も以前からたしなんでいるですけども、これはいままでの酢のなかで最も飲みやすいです(自分と同じ中高年の皆様、お酢は健康にベリー良いですぞ)。


これまで大手メーカーのリンゴ酢なども飲んでたんですけども、味・香り・飲みやすさが段違いですわ。6〜8倍ほどに薄めて飲めば「ツン」としたお酢感も無く、かなりのフルーティーさなんで、継続利用にはぴったりだと思います。

サラダにはこれとヴァージンオリーブオイルかければ、塩も不要で減塩効果満点!!





さぁ、あなたも「内堀醸造・純りんご酢」で健康生活を手に入れましょう!!
※当ブログは健康食品サイトでは無く、本格派ビリヤードブログです








んで、健康話から、球の話へ。


S山に都市対抗のとき、何度か会話中に「怒ってるんスか?」と聞かれたのですが、自分はビタイチ怒ってなどいなかったのです。いたって普通状態。


しかし、年に一度の本番ってことで、自分は無意識にピリピリしてて、顔面鬼瓦だったんかもしらんなーと反省した訳です。



そもそも我々は弱小ですから、負け続けた結果、負けの美学ってものが確立されておりまして。

自分は負けたとき、「(できるだけ)爽やかに挨拶&自分から歩み寄って握手」するよーに心がけているんですけども、普段の会話から怒ってるよーな感じだったのなら、今年の自分は負けたとき爽やかに挨拶出来てなかった可能性が高いですわね。まだまだ人間修行が足りません。




ブログでは何度も書いてますけども、プロの方々は「勝つこと」、アマは「負け方(=負けたときの態度)」が大事なのではないかと日々思うわけです。

まぁ、生来のジャックナイフプレイヤーである自分が言っても、説得力は無いんですが。

いくら本番とはいえ、そこが揺らいだらやばいよなー



ってことで、これからはなるべく良い負け方ができるよう、精神面の充実をはかりに、週末は釣り修行にでも行ってきまーす。


んじゃ、また!!


押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」



会社案内、パンフレットなら。

www.tani-design.com
わかりやすさ、構成力に自信。費用対効果にすぐれた紙媒体をお届け。





posted by TRCの高田純次 at 12:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。