2015年07月03日

岩手プレ国体orほたるいか。



ジョギングも球と同じで1時間以内に終わるよーにしてるんですけども、先日購入したコレ↓のおかげで、ジョグ後半も足がラクなもんで、この頃はつい時間延長していまいそうな勢いの自分です。皆様、こんにちは。



[アシックス] Asics GT-2000 NEWYORK 3-SW TJG918

こんな走りやすいシューズを開発してるのに、決算7億の赤字って・・・やっぱデザインなのかなぁ。機能性は文句無しなんだけど。





先日、富山マラソンに出る知り合いから「10月11日に滑川ほたるいかハーフマラソンあるけど、出る?」との連絡がありました。

11月の本番フル前にハーフ走るなんて調整にピッタリすぎる!!とゆーことで出る気満々ながらも、一応10月は球試合もけっこうあったように記憶してるんで確認することに。




するとその日は岩手プレ国体開催期間中!!






岩手か・・・(遠い目)




昨年の和歌山プレ国体ではユーストで語り継がれるような天才的なフロックを出したりして、剛運爆発。望外の好成績をおさめることが出来ました。


自分の経験では会場まで500キロ以上離れると、エントリーに手を挙げる選手が一気に減る(もしくはいない)ので、岩手国体はマスターズよりもよほど出場しやすいので狙い目であります。


ただ、知らぬ方のために説明しておきますと、岩手プレ国体はA級、B級、女子級がそれぞれ異なる市で開催される上、各会場へのアクセスもとても気軽に行けぬほどのものらしい。

そのためか、距離のせいかどうか知りませんが、北陸NO1のS本U太様も岩手国体は辞退したよーです(ちなみ昨年A級優勝の爽やかS田君も先日会った時に聞くと、かなりエントリーを迷ってました)。




自分がもし国体に出た場合は、昼は球で東北に恥をさらし、夜は岩手の郷土料理に舌鼓を打ちつつ泥酔したあげく、思わず脱いでしまいこれまた恥をさらしてくる。とゆー結果が予想される訳ですが(駄目人間)、いやぁ、これハーフマラソンあるならどっち目指すかホント悩んじゃうね!!



まぁ、年後半は富山マラソンを目標にしてるんで、ほたるいかエントリーが妥当ですけども、手をあげただけで国体出れるよーなら、また考えてみよう(そうしよう)。



んじゃ、またー


押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」


posted by TRCの高田純次 at 11:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。