2014年10月29日

ラーメントッピング全部載せ。




プレ国体3位になって喜んでおりましたら、キングから

「3位で『祝☆』とはなにごとか!!」
※『祝☆』は優勝した場合でしょの意

とお叱りを受けました。




流石、キング。その辺はブレない強さがあります。

自分もその気持を見習わなければなりませんなぁ。いや、マジで。







さて、和歌山ではイロイロ試合を観ましたが、
もっとも鮮烈な印象を残したのが、この配置↓の処理でした。








たまたま、偶然にも自分はこの球をかなり間近でみたんですが・・・




配置状況としては、

・手球フリー

・6先の5-4で手球フリー貰った側がリーチ

・3番の入れが厳しい(狙うなら薄めに出してのサイドバンクか)

・3番がサイドにちょい掛かりで、3番の右半分に当たれば確実に入る
(つまりサイド穴は球3個ほどあるのと一緒の感覚)

・2-9コンビをトバしても手球引けばセーフティになる





このような条件が整っていたので、勢い2-9コンビにいったようです。



さらにゆーと、初日会場最後の試合だったのも
いま思えば微妙に関係していたのかもしれません。






で、その結果がなんとユーチューブにUPされておりました。


こちら↓

※長いので16分ジャストからご覧ください



※長いので16分ジャストからご覧ください




ご覧頂きましたよーに。


狙い倒しても9番違うとこにいくわ

手球引けてないわ

次丸見えだわ



って感じで、まったく良いところが無い球でした。





唯一よかったところといえば


とりあえず強く撞いたこと


これくらいでしょうか。






結果は2-9コンビ・バンク・6番キャノンINとゆー
ラーメントッピング全部載せ!!のようなスーパーフロックになりまして。

一瞬会場は静まり返ったのち、運営からも
感嘆の声(呆れ声ともいう)が響き渡っておりました。




その後、ラッキー引いた本人は当然ながらひたすら謝っていたそうな。


ともかく、相手の方にはたいへんたいへん失礼いたしました(ペッコリ180度)

フロックにも笑顔で対応してくださり、
ラッキー引いた本人はその優しさに感動したとのことです。


その夜、フロックマンのLINEやメアドには各方面から
野次が飛んできたのはゆうまでもないだろう。





現状ではこのような事故は必ず起こるのでありますから、悲劇を繰り返さぬよう





全国ではぜひ9ボールオプション有りルールでやっていただきたい!!



と切に願うのみです。

※ちなみに北陸公式戦は9ボールでも基本オプション有りの特別ルール採用してます(ただし、どーしても試合時間は長くなる)






最後になりますが、これまで再三申し上げてきたとおり
運勢上げたければ「竹を西窓に置くこと」これは忘れてはならぬでしょう。


竹を西窓に置いたばっかりに・・・たいへん申し訳ございませんでした!!




んじゃ、また。


押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」


posted by TRCの高田純次 at 13:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。