2014年10月20日

新潟選手権。



昨日は新潟選手権に富山メンバー7名で参加してきました。



自分は「安定の2勝2敗」からホント久々に抜けだしての4勝1敗!!
でベスト8フィニッシュ。最後はKPBAのシュンちゃんに
手も足も出ないくらいの完敗喰らいました。

まぁ、ベスト8まではヒルヒル綱渡り抜けが続いており、
そーとーラッキー満載だったんで、十分な結果だと思います。

※ほか富山メンバーではS山がベスト16でした




そして、優勝は新潟安定の青柳高士選手(3連覇)。

100名規模の大会で3連覇とかスゴ過ぎるでしょーが!!
その強さどんだけですかっていう。




んで、帰りの車中はレベルの高さに驚いて、

「ベスト4の人達は俺らとは完全にレベル何段も違うね・・・」

という話が出て、自分も激しく同意した次第です。





しかし、同乗者のなかには、

「いまはそーかもしらんけど、
苛烈に練習すれば、その差は埋まる!!」


と言ってる猛者もおりました。その心意気や良し。

是非がんばってください(完全に人ごと)





もーね、自分はとてもそんな風に思えないのですわね。

自分がそのあたりのステージが違う方々とやった場合、
まぁ、10回やって1回か2回勝てればいいとこじゃないですか。



だから、その10〜20%の確率の勝利を「試合中のいま」実現するため
とりあえず目の前の配置、目の前の1球をがんばってみる。
とゆー考え方なんですわ。いま現在。




それを

10回やって5回勝てるよーなレベルに自分がなればよい!!!

と考え「普段から練習頑張ろ」とはならないですもん。



まぁ、ステージの違う方々と対等になろうと思えるのは
単純に素晴らしいことだと思うんで、
同乗メンバーにはこれから頑張って欲しいところですね。


とゆーことで彼の今後に期待しつつ、また次回!!


押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」


posted by TRCの高田純次 at 12:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。