2014年10月09日

スキッド回避法。



いろいろあって、どーしてもポイント的に好成績が必要な
北陸OPにむけて普段の倍撞く!!


とか宣言しときながら、いたって普段と変わらぬ日々。


いや、そんなつもりじゃなかったんだけど。

今日から頑張ります。いや、ほんと、マジで。






本日も撞球民のためのブログです。

ってことで、今回はスキッド回避方法をば。





試合中のスキッド、困りますよね−





自分もよく初級〜中級者のころには、
大事なトコに限って、スキッド頻発して悔しい思いをしたものです。




しかし、最近はBC級の頃とくらべてスキッド率が激減しました。




で、これ、実はスキッド回避するカンタンな方法があるんですわ。






それはですね、






この球、スキッドあるぞ!!




と思うこと。これだけです。




こう思って撞けば、経験上、物理的に回避できないような
接触面にチョーク厚残りスキッド等以外は、たいてい回避できます(たぶん)




嘘だと思われるなら、ぜひお試し頂きたい。


スキッドは手球の加減が「弱」に限定される場合に
なりやすいと思うのですが、
この気持があるだけでスキッド回避できますので!!


※実際にスキッド起きた場合でも「裁判所に訴え出る」「2ちゃんに悪口を書き込む」「富山方面にむかって放屁する」などの紳士的行為はお控えくださいますようお願い致します。ご利用は自己責任で。





ただねー「スキッドある!!」と思って撞くと、
手球はたいてい思ったより強くなりがちなんで。

この辺のリスクはご自身で背負って頂きたいと思います。




なんか、最近球の話が多いんで、また次回から方向変えていこっかなと。思ったり思わなかったり、ケース・バイ・ケース。




んじゃ、またー


押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」


posted by TRCの高田純次 at 17:50| 球の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。