2014年01月30日

ダフト・パンクDAY



先日、この時期恒例のグラミー賞をみたんですが、
個人的な感想としては主要部門の受賞もふくめて
ダフト・パンクDAYといってよいイベントでした。





ダフト・パンク、ナイル、ファレル&スティービー・ワンダーのライブはみんなノリノリ。




相変わらずのアメリカらしい過剰演出満載?で面白かったですわ。



ポールとリンゴの共演がありましたけど
リンゴはポールと目をあわそうとしないのが微笑ましかったです。






マイ・フェイバリットなシカゴのライブもあったりでよかったですなぁ。




晴れた休日は今も昔もシカゴがよく合う。







そういえば、久々にメタリカみたなぁ。
相変わらず元気そうなオジサン達でした。







キャロル・キングも71歳ですか。そうですか。
それであのハツラツ加減だもんなぁ。すごい。








今回はダフト・パンクDAYだったと認識しておりますが、



個人MVPはエアロスミスの
スティーブン・タイラー様で決まり。




あれ、やっぱ、やってるよね。うん。いっちゃってるもの。いろいろと。


台本無視して突然歌っちゃうし。


いいよなぁ、こーゆー人。制作側からしたらサイアクなんだろうけど。





んな訳で、グラミー賞みると本年のグラミーCDも一層Goodに。

この一枚でけっこう楽しめるんでお勧めでーす↓




んじゃ、また!!


押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」
posted by TRCの高田純次 at 14:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。