2013年08月30日

選択に迷ったとき。


手球の選択に迷って決め切れないとき、
自分は最初に浮かんだほーのアイディアを採用することにしています。

ゆーたら直感(=最初に浮かんだほう)を信じてる訳ですね。





そもそも、直感とは「経験の集積」によってもたらされるものでありまして、

それまでの自分の経験からパッと場面をみて判断したことが
最初のアイディアとなるのだから、

まぁ、7-8割くらいで最初のアイディアとゆーのは正しい場合が多いのです。





ですから民も迷った場面で決め切れないときは
最初に浮かんだアイディアを採用してみるとよいと思いでしょう。




そのアイディアはアナタのこれまでの経験の集積なんですから
自分を信用して選択すればよろしいかと思われます。







つーか、自分を信じなくて何を信じるんだよ、おまぃら!!










と、ゆーよーなことを
将棋の羽生さんが本に書いてました。

※フォント+2


まぁ、言い方はそーとーソフトでしたけど。






なので自分は丸パクリして、むかしから
迷ったときの多くは最初のアイディアを選択するわけです。





いやぁ、しかし将棋の人の書く本ってどれも面白いですわ。



自分は将棋はやらないんですが、
人間味のある米長さんからはじまって、
羽生さん、谷川さんと読んできましたが、まずハズレがありません。






テレビなどでお馬鹿キャラのプロスポーツ選手とゆーのは出演してるけど、

お馬鹿キャラのプロ棋士ちゅーのは聞いたことないし。




いや、もしいたら面白いけど。




「アイツは本当にアホやけど・・・
プロ棋士になって、名人にまでなった!!」


みたいな。


うーん、やっぱ無いだろうなぁ。それは。







あ、名人といえば週末は球も名人戦ですね。




2ヶ月ほど前に尼崎で一緒に飲んだお二人が対決するんで楽しみです。




んじゃ、またー

押しちゃったりして頂けますでしょうか?→「人気ブログランキング」
posted by TRCの高田純次 at 17:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。