2009年09月10日

リボルバーマンスリー。


昨日は砺波リボルバーさんのマンスリーに参加。

エントリーは20名弱。(だったと思う)


んで、バタバタと第一試合がはじまって、初戦の相手はTRCかいちょ。


かいちょ「今日のハウスはレベル高いですね〜!!

 名人戦A級いったひとが3人も出てますから!!!」

えっ?そーなん?

ちゅーて辺りを見渡すと、なぜか名人戦A級中国地方代表の方が
いらっしゃいました。(出張でコッチに来られているらしい)


俺「あっ、ホントだ!!えっと・・・あと一人は???」


つって、もう一人のサプライズゲストを探すために、

アッチをキョロキョロ。コッチをキョロキョロしてみるも、
名人戦A級にいた人は見当たらず。



んで、対戦相手のTRCがニヤニヤしている。


なんで、ニヤニヤしてんのかいな?


ん・・・


もしかして・・・


名人戦A級に「いった人」て・・・


俺の応援に来ていた・・・



おまぃかい!!

※正確には俺の応援では無く「大ファンである京都Oさんの
応援に行ったんです!Oさんが敗退したから、しゃーなしで、
純次を応援しただけなんで。誤解しないでください。」とのことです。



たしかに、「名人戦A級にいった人」だから、言葉的には間違ってないか。



まぁ、エエわ。

こうなったら「A級戦にエントリーした人間」と「いっただけの人間」
の違いを分からせてやるわー!!



つって、軽くW-1で処理しときました。


あっ、ちなみに処理されたのは俺です。
文法的に誤解を招く表現で失礼しました。



んで、結局、敗者側から勝ちあがったものの、準決勝で早速
先日ブログで紹介した本を購入してたミゾニーに敗退。

「この本はためになるから、3回は読み返します!

 コレって純次さんのメンタルが凝縮されてますね!!」

と言ってましたが、本の内容は全く覚えてないです。(オイ)



※現在、把握してるだけで5人は買ってるよ。評判良し→
<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)/林 成之





んで、優勝は・・・


先に帰ったので知りません。(知らんのかい)



んじゃ、またね。





posted by TRCの高田純次 at 10:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。