2008年03月31日

すり身揚げの法則

昨日はリボカップ(ダーツ)にエントリー出来なかったので
とあるお店のビリヤードハウス大会に友人と行ってきた。


結果はフルスロットルな幸運に助けられ優勝♪

となれば・・・

ハイ!!いつものヤツね♪


自腹祝勝会!!

んで、向かった先は友人オススメの割烹居酒屋。


もちろん「すり身揚げの法則(※)」を試す。

※【すり身揚げの法則とは?】
すり身揚げにひと工夫ふた工夫しとる店はこだわりのある良店
である場合が多いことから、純次の居酒屋判断基準に採用される重要指標のこと。



で、昨日の割烹でイの一番に頼んだすり身揚げはと言えば
「俺が作るヤツの方が旨いんじゃね?」って感じであった。
※俺はいつもフードプロセッサーを使用して一から作ってる


「すり身揚げの法則」に従ってガッカリしてしまう。
(この時点でややテンションが下がる)



しかーっし!!!この店やってくれたわ♪

他のメニューはかなり旨いやん!!!!



いやー満足満足。


すり身揚げの法則が通用しない店があることが判明し
世の中には何事も例外があるのだなぁ、と悟った(大げさ)
日曜の夜であった。



じゃまた明日な!!
posted by TRCの高田純次 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。